涙袋を作る理由|アナタの魅力を最大限に引き出す

レディー

大きく魅力的な目元にする

笑顔の女医

除去してから再度入れ直す

下まぶたのすぐ下にある膨らみのことを涙袋と呼びます。生まれつきしっかりとある人も居れば全くない人も居ますが、笑う時に涙袋がはっきり見える人が多いです。涙袋があると、目がより大きく見えて愛らしい印象になるため、整形をして形成する女性は増えつつあります。涙袋の整形は、下まぶたのすぐ下にヒアルロン酸を注入するというもので、いわゆるプチ整形と呼ばれる手術を伴わない簡単な施術になります。専用の細い針で直接ヒアルロン酸を注入するので、すぐに効果が得られて、肌状態が回復する期間も短いので多くの人に親しまれています。ヒアルロン酸は肌の内部の細胞と細胞の間にもともと存在する保湿成分の一つです。そのため、安全性が高いという観点から、顔以外にも胸などあらゆる体の部位の整形に使われています。ヒアルロン酸を注入すると、数か月から数年程度、膨らみを持続させるのが可能となっています。しかし、時間が経つとともに自然と体内に吸収されていきます。そのため、効果が切れる頃に再度治療を受けて注入する人が多いですが、ヒアルロン酸は完全に体内に吸収されることはあまりなく、皮膚内部に留まっていることが多いです。注入するヒアルロン酸は液体であるため、時間が経つと形がゆるやかになりますが、完全に吸収されてなくなるわけではありません。そのため、そのまま再度注入すると巨大な涙袋になってしまうことがあります。そこで、最初に注入したヒアルロン酸を一度除去してから、改めて新しくヒアルロン酸を注入すると良いと言われています。つまり、自然な涙袋にして効果を維持したい時は、単なる再注入ではなく、除去の上で入れ直すのが望ましいといえるでしょう。

下まぶたに合わせた施術

涙袋の形成は、下まぶたの状態によって選ぶ治療法が変わります。一般的に、もともと涙袋が少しでもある人や下まぶたの皮膚が比較的薄いような人の場合は、ヒアルロン酸を使って涙袋が作りやすいと言われています。反対に、目の下のたるみが酷い場合や下まぶたの皮膚が比較的厚い人などは、ヒアルロン酸を注入しても形が出にくいため皮膚を一部除去したほうが涙袋が形成されやすいと考えられています。皮膚を一部除去する方法は、経結膜脱脂法という施術になり、下まぶたの裏側から余分な脂肪を除去する方法になります。どの整形方法になるかは、下まぶたの皮膚の状態によっても違ってくるので、適切な治療法を選ぶ必要があります。涙袋の整形は、美容クリニックや形成外科などで施術が受けられます。安心して整形が受けられるようにするためにも、病院選びは非常に重要になってきます。現代では、多くの病院のカウンセリングでパソコンなどを使いながら、仕上がりの姿を細かくシミュレーションすることが出来ます。そのお陰で、イメージ通りの姿にしやすい環境が整っています。医師とのカウンセリングが大事になるので、医師の実績や経験なども参考にしながら、納得のいく内容や料金で施術が受けられるところを選ぶようにします。涙袋の整形は、手術が必要ではない簡単な施術になるため気軽に受ける人が多いです。しかし、簡単な施術でも医療行為に変わりはないのでなるべく時間をかけて病院選びは慎重に行います。施術に伴うリスクやアフターケアの確認を事前に行うことも大切です。

Copyright © 2016 涙袋を作る理由|アナタの魅力を最大限に引き出す All Rights Reserved.